韓国


統合料金制度

交通カードイメージ

ソウル市は大衆交通手段を乗換える際に財政的な負担を減らすため、統合料金制度を運営しています。乗客は何回もバス(マウルバス含)と地下鉄を乗り換えても一定的な距離以内には900ウォン(現金の乗車の際には1,000ウォン)だけを払って、5kmごとに100ウォンが追加されます。

有効なT-Moneyまたは従来の交通カードは割引の恵沢があります。乗客がバス(または地下鉄)に乗下車時に料金端末機に交通カードを入力して、他の交通手段へ乗換えをする際にもこの手順を繰り返すと移動距離を記録するようになります。

割引されるためには以前の交通手段から下車した後、30分以内に地下鉄または次のバスに乗り換えしなければならないです。(また午後9時と午前7時の間には1時間以内)現金を使う乗客は交通カードを使う乗客より100ウォンをもっと支払わなければならないです。

T-Moneyは大体の市内バス亭の近くにあるバスチケット販売所、またはウリ銀行支店で購入、再補充できます。また乗客は各地下鉄駅にある自動補充機を使えます。従来の交通カードも T-Moneyとともに使えます。